AGA(男性型脱毛症)治療の新定番【フィナロイド】育毛内服薬について

美容・健康

こちらは男性の方への記事となります。女性の方は、ご遠慮ください。

スポンサーリンク

今回こちらで記事にさせていただくのは2点

フィナロイド(FinaLloyd)1mg

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg100錠

プロペシアとは

男性のAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、日本でも広く認知されている薬です。
皮膚科、もしくは頭皮専門のクリニック等で処方されています。このプロペシアという薬の主成分は【フィナステリド】という物質です。以下wikiより引用。

フィナステリドfinasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。高用量(5mg/day)で前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用する。Proscar等の商品名で海外で販売されているが[1]、日本では前立腺の治療薬としては未承認。
低用量(0.2または1mg/day)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されている。プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されている。

wikipediaより引用

プロペシアにはジェネリック医薬品がすでに存在しています。それが今回のフィナロイド(FinaLloyd)1mgフィンペシア1mgです。ジェネリック医薬品とは?はこちらでは割愛しますね。

これらは海外からの輸入となりますが、レビューには数百人の書き込みがある商品となっていますので、どこぞのサイトよりは安心できるかと思います。

医薬品の成分について

フィナロイド(FinaLloyd)1mg

・AGA治療薬の定番「プロペシア」と同成分
・フィナステリド 1mg
・キノリンイエローフリー

フィンペシア1mg

・AGA治療薬の定番「プロペシア」と同成分
・フィナステリド 1mg
・キノリンイエローフリー

はい。どちらも同じ成分を含んでおります。なので商品成分以外で比べてみました。

比較してみた

フィナロイドは商品が30錠と100錠で選べて価格は2,000〜3,000円と割と良心的です。

フィンペシア1mgはミノキシジルタブレット5mg/10mgとセットになっており、価格も5,500円ほどとなっています。

そのため現状はフィナロイド一択でしょう。