花粉症市販薬のすすめ

花粉症 美容・健康
この記事は約3分で読めます。

スイッチOTCやセルフメディケーション税制といった今までにない制度がここ数年で開始し、ついでジェネリック医薬品も登場したので正直何が一番いいのでしょうか?
少しだけ個人の見解を書こうと思います。

※記載している内容はあくまで個人の見解ですのでご容赦ください。

ADD

点鼻薬と点眼薬もあるけど内服薬が一番

はじめに言っておきます。点眼薬使ったことはありません。ごめんなさい。

点眼薬はちょっと市販薬では手が出ないんですよね。なんか怖いですし。

点鼻薬は以前使っていた時期はありました。ですが、症状がすぐ戻るため私には合っていないと使用を断念しました。

その点内服薬だと飲むだけなので楽ですし、効果もある程度実感できます。
改善であって、完治できないのがなんとももどかしいですよね。

色々な記事でご紹介されていると思いますので、先に2種類だけご紹介しようと思います。
他の内服薬は後半にまとめます。

アレジオン20

Amazon | 【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品 ×2 ※セルフメディケーション税制対象商品 | エスエス製薬 | アレルギー性鼻炎薬
【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品 ×2 ※セルフメディケーション税制対象商品がアレルギー性鼻炎薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

アレグラFX

Amazon | 【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品 | 久光製薬 | アレルギー性鼻炎薬
【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品がアレルギー性鼻炎薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

結局どっちがいいの?

どちらも長所の方が多いと感じていますが、症状が比較的軽いならアレグラFXで良いのでは?と思います。個人的な意見なのであくまでご参考程度でお願いします。

私はアレジオン20の方が良いかと個人的に思っています。
少し値段が高いと感じるかもしれませんが1日1錠の服用で良いのがアレジオン20です。

アレグラFXは1日2錠の服用です。
また値段も1日あたり100円前後の薬代ですが、アレジオン20とアレグラFXは1錠あたりの値段は違えど1日あたりの薬代はほとんど変わりません。

だから飲み忘れがないのがいいですね。

※そして以外にアレジオン24✖︎2の48錠セットが一番安かったりします。これはおそらく運次第ですが…

エピナスチン

アレジオン20に含有される第2世代抗ヒスタミン成分です。第2世代の抗ヒスタミン剤は第一世代と比較して副作用が少ないとされ、眠くなりにくいという特徴があります。

フェキソフェナジン

アレグラFXに含有される第2世代抗ヒスタミン成分です。これもエピナスチン同様、第2世代の抗ヒスタミン剤に分類されるため第一世代と比較して副作用が少なく、眠くなりにくいという特徴があります。

その他内服薬を2種類ご紹介

フェキソフェナジン120mg

[アレグラジェネリック]フェキソフェナジン(Fexofenadine)120mg

こちらはアレグラFXと同様の成分の商品です。

アサフェン(Asthafen)1mg

[ザジテンジェネリック]アサフェン(Asthafen)1mg

これはザジテンというお医者さんが出している薬のジェネリック医薬品です。※同じ成分が配合されています。また、成分量も同様です。

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

厚生労働省ホームページ  セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました