「Regrowth Labs(リグロースラボ)」シリーズを一挙公開!

PR

育毛は自身に繋がります。今回紹介するリグロースラボシリーズは理想の自分になりたい人を応援するアメリカ発の育毛ブランドです。

PR

リグロースラボシリーズは大きく分けて2種類

リグロースラボシリーズを大きく分けて2種類をご紹介します!

発毛促進について

Hair Regrowth Treatment M5(リグロースラボM5)

リグロースラボM5の主成分は「ミノキシジル」。(5%含有)
AGA(男性型脱毛症)なら誰もが知っている成分です。日本でただひとつ壮年性脱毛症への効果が認められている成分です。また、日本国内で販売されているリアップと同じ成分でもあります。

Hair Regrowth Treatment M7α(リグロースラボM7α)

リグロースラボM7α。こちらはミノキシジル7%配合した商品となります。
M5と比較して2%だけミノキシジルの配合量が増えています。たった2%ですが、前髪の生え際といったなかなか効果が実感できない部分への効果にはここから実感(レビュー)の声が多いです。

Hair Regrowth Treatment M15(リグロースラボM15)

リグロースラボM15はリグロースラボ発毛シリーズの中でミノキシジルを最も多く含んでいます。ミノキシジル15%配合
成分が多くて副作用とか大丈夫⁉︎って思ったかたもいらっしゃるかと思います。
後ほど詳細にご紹介しますが、リグロースラボシリーズは米国食品医薬品局(FDA)によるcGMP(製造品質管理基準)を満たした施設で製造されています。

Hair Regrowth Treatment 7HP(リグロースラボ7HP)

リグロースラボ7HP発毛促進・脱毛促進(馬セラプランタ)の両方を含有しているリグロースラボシリーズです。

馬プラセンタとは?

馬プラセンタは、豊富なアミノ酸、ビタミン類、ナイアシン、グロースファクター(成長因子)など有用成分の塊です。グロースファクターはHGF、NGF、EGF、IGF、CSFなどです。美容外科において、再生医療で注目されている成分です。

脱毛促進について

Hair Regrowth Treatment D5a(リグロースラボD5a)

リグロースラボD5αの主成分は「デュタステリド」。(0.5%含有)
男性型脱毛症(AGA)治療薬のザガーロカプセルと同じ有効成分です。I型およびⅡ型の5α-還元酵素を阻害し、活性型アンドロゲンのジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えます。

Hair Regrowth Treatment SP2(リグロースラボSP2)

リグロースラボSP2の主成分は「スピロノラクトン」。(2%配合)
スピロノラクトンは男性ホルモン(テストステロン)が脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)へ変化するのを抑える成分です。

Hair Regrowth Treatment FIN25(リグロースラボFIN25)

リグロースラボFIN25の主成分は「フィナステリド」。0.25%配合
世界的に有名な育毛剤プロペシアに含まれている主成分です。また、日本の厚生労働省でも認可されている成分です。

コメント