Fetch as Googleの使い方!正しく使用して弱小のブログにもクロールしてもらいましょう!

ブログ
スポンサーリンク

Fetch as Googleツールの使い方についてご紹介です。

スポンサーリンク

Fetch as Googleとは

公式Serch Consoleヘルプ
Fetch as Googleツールとは、Webサイト上でGoogleが行うURLのクロールまたはレンダリングの方法をテスト・実施できるツールです。
Search Consoleという大枠の中の一機能と考えれば良いでしょう。
Fetch as Googleを使用してGooglebotがWebサイト上のページに正しくアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(jpeg,pngといった画像ファイル、Java Scriptといったプログラムなど)がGooglebotに対してブロックされているかどうか確認できます。
このツールを使用することにより、Google側からクロールとレンダリングの実行ログを追うことができ、Webサイト上のクロールに関する情報を取得、解決するのに役立ちます。

Fetch as Googleの使い方



  1. Googlebotに取得させたいサイトのURLのパスを入力。

  2. 上記画像で言うと赤枠の中、「https://otoshimtoshi.com/」の後の部分です。
    例えば新しくプロフィールの固定ページ(~/profile/)を作り、Google側に取得して欲しい時は入力欄に「profile/」と入力します。
    そうすることで、「https://otoshimtoshi.com/profile/」をGoogle側が取得してくれます。
    *オプションでGooglebotの種類(PC用、スマホ用)選べますが、こちらでは割愛。

  3. 「取得」、「取得してレンダリング」
  4. これは意識して使用してるユーザーはおそらく少ないと思われます。
    今回は「取得してレンダリング」を押しましたが、反映が遅いため両方選択しました。

    するとステータスが保留になるので少し待ちます。15秒ほどだと思います。

    しばらくすると「インデックス登録リクエストボタン」が表示されます。
    これを押すと、下記画像のようなポップアップ表示されるため、ロボットではないにチェックを入れて、このURLのみをクロールにチェックをいれて送信を行います。

    送信することでGoogle側がインデックス登録を行いにきてくれます。
    ちなみに、この画面で長時間放置するとタイムアウトしますので注意してください。

    送信することで即時にクローラーがサイトに来てくれるわけではありません。
    ただGoogleに「Webサイトのページを新規作成、もしくは更新したから見に来て!」と伝えるだけです。
    記事数やURLの評価でクローラーが来てくれる頻度は変化するので、始めたての頃は素直に待ちましょう。

取得とレンダリングの違い

  • 取得
  • 入力欄に記載したパスのWebサイトを取得し、HTTPレスポンスを表示します。こちらの操作では、ページ上のリソース(jpeg,pngといった画像ファイル、Java Scriptといったプログラムなど)のリクエストや実行は行われません。あくまで、テキストのみです。
    ですが、その分比較的迅速に結果が表示されます。

  • レンダリング
  • 入力欄に記載したパスのWebサイトを取得し、HTTPレスポンスを表示します。ここまでは取得の場合と同じです。しかし、レンダリングではページ上のリソース(jpeg,pngといった画像ファイル、Java Scriptといったプログラムなど)へもリクエストを行い実行します。
    そのため、実行した結果が取得できるようになっています。*下記画面

注意!!1日あたりの取得リクエストの上限は10件までです!

詳しくはこちらで紹介しています。

Fetch as Googleのやり過ぎ|原因と解決方法

リクエストを送った後のパラメータについて

取得リクエストを送った行をクリックすると、取得の結果について詳細を確認できます。

  • 完了
  • Webサイトに正常にアクセスしページをクロール、ページが参照しているすべてのリソースを取得できたことを意味しています。
    問題なしですね。

  • 一部完了
  • WebサイトのURLを取得したが、robots.txtファイルによってブロックされたため、ページが参照している一部のリソースにアクセスできていません。
    ブロックされています。このリクエストが「取得」のみである場合は、「取得してレンダリング」してください。
    レンダリングするページを調査し、重要なリソースがブロックされたかどうかを確認します。

    下にスクロールすることで、重大度を表した列があるためその表示を確認します。
    ブロックされていると、Googleがページの意図を正しく解析できなかった可能性があります。
    重要なリソースがブロックされていた場合は、自分が所有している robots.txtファイルにあるリソースのブロックを解除します。
    ※アドセンス広告を張っている場合、それはブロックされるようです。

  • リダイレクトされました
  • サーバーがリダイレクトで応答しました。
    Fetch as Googleツールはリダイレクト先にアクセスしません。
    実際のGoogleクローラはリダイレクト先にアクセスしますが、Fetch as Googleツールはリダイレクト先にアクセスしません。
    手動でリダイレクト先にアクセスする必要があります。

  • エラー
  • リソースタイプの取得エラーもページ全体の取得リクエストに適用され、ステータス列に表示されることがあります。
    たとえば、[見つかりませんでした] や [アクセスできません] が表示されることがあります。

ブログ
スポンサーリンク
『ベーシックインカムでセミリタイア!』を目指す20代のブログ