ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります

ブログ

Google Adsenseのホーム画面上部に「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。」と表示された時の対処方法です。

スポンサーリンク

ads.txt って何?

ads.txt とはいつ頃から始まっている方は不明ですが、Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言するテキストファイルです。

自分のサイトはGoogle のAdsense を利用している◯◯です。と証明することに繋がります。

ads.txt を使うメリット

ads.txt をサイトに設置すると、自分のサイトに訪れた人が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営側としても虚偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

※Google Adsense 以外の広告代理店サービスを利用している場合は設定の方法は各サービス運営会社にお問い合わせ、もしくは調べることが必要となります。

ads.txt ファイルに対してのGoogle クローラの動き

ドメイン上にads.txtを配置すると、

1、24 時間ごとにファイルのクロールを行う。

2、ファイルの内容を解析して、その広告枠から収益を得る権限を持つ販売者の ID を特定します。

AdSense 向けの ads.txt を作成する

1、テキストファイルを作成します。(拡張子が.txtのファイル)

2、ファイルに以下の1行を入力します。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-0000000000000000」は自身のAdsense の販売者IDを設定します。

3、作成したads.txt をルートにホストします。

簡単に言うと、誰でもアクセスできる場所にファイルを配置します。

例えば、

https://otoshimtoshi.com/ads.txt

上記を入力すると、このサイトのads.txtが確認できます。Googleクローラはこのファイルを1日1回確認してサイト販売者が適切か、偽の広告が貼られていないかを見てくれます。

※Wordpressを利用している方は、

ドメイン名/public_html/ads.txt

にads.txt を配置することでルートに簡単にホストできます。

確認してみよう

自身のサイトにads.txt を配置したら、アクセスできるか試します。

https   or  http://ドメイン名/ads.txt

上記でテキストファイルの内容がブラウザ上に表示されたら完了です。

ブログにGoogle Adsense の広告サービスを利用している人の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク
もしよければフォローして下さい!
大変励みになります。
ブログ
シェアする
スポンサーリンク
ベーシックインカム セミリタイアたまご