サイト構造で勝負する本当の意味

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事はGoogle AdSense マネタイズの教科書を参考にさせていただき内容をまとめた記事です。

【書評 Google AdSenseの教科書】で検索すると多くのサイトで細かく書籍の内容が書かれていますのでそういった内容は他へ譲り、書きたいことを書こうと思います。
この書籍を一言で表すと【教科書】です。
やり方を直接書いてあるのではなく、考え方を。
ツールの使い方を書くのではなく、ツールで見るべき、押さえるべきポイントを。
教科書と言うとやり方や正解が書いてあるイメージでしたが、全くの別物でした。
今の時代、ツールの使い方で検索すれば、ある程度の情報は集まるものです。
その情報の扱い方は書籍ではあまり紹介されていない、暗黙の了解のような感じでしたが、この書籍ではきちんと言語化されています。
やり方を真似た後に次のステップへ進みたい方向けの書籍でした。

今回はサイト構造で勝負する本当の意味について書こうと思います。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]
のんくら(早川 修)
¥ 1,998(2018/12/03 21:23時点)
スポンサーリンク

サイト構造のモデル色々

1.階層型分類構造
ツリー構造とも呼ばれ、幹から枝、枝から葉といったふうに分かれるのに似ていることから名づけられます。
コンテンツが複数の枝(コンテンツ)に分かれ階層がどこまでも深くなっていくのが特徴です。
2.Web型構造
各コンテンツが平均的に強くなります。内部リンクが相互に貼られているため、クローラーがサイト内を効率よく回ることができます。
3.直線型構造
小説、ニュースといったサイトに最適な構造です。「次のページへ進む」であったり、「戻る」ボタンだけあれば十分といったサイトに最適です。

web型構造の弱点

記事数が増えれば増えるほど目的の記事を見つけることが困難になります。
よく記事数が数百記事あるサイトでは見たい記事はなかなか見つからないですよね。
でも100記事くらいで適切にカテゴリー分けされているサイトは目的のページが発見しやすくなります。

また、コンテンツが平均的に強くなっているため、Googleにどのコンテンツが重要かを伝えることが難しいです。

直線型構造の弱点

SEOに弱いのが弱点です。クローラーが巡回して来たとしても、リンク階層が深すぎる場合巡回できません。

スポンサーリンク

代表的な構造から長所を抜き出す

書籍ではこの構造のことをハイブリッド構造といっていました。
ベースは階層型分類構造で、それにWeb型構造と直線型構造の長所を取り入れた構造です。
記事ページを充実させたまとめページを適切に作ることで、複数語検索をするユーザの利便性をあげ、滞在時間、SEO共に強化できます。

終わり

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
『ベーシックインカムでセミリタイア!』を目指す20代のブログ