キーワード検索の裏を考える!

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キーワード検索する本質について考える

Google検索で検索をするキーワードはそれぞれ理由がありますよね。
私も勿論検索を頻繁にしますが、それは疑問や悩みがあるからです。
つまり、検索の裏には疑問、悩みがあるのです。
検索結果に解決する情報が見つかるまで私たちは検索をします。

ユーザが求めていることを書く

ユーザが求めている情報を書くことができれば、勝手に検索されるようになります。
なぜなら、検索する人は何かしらの悩みを抱えていて、答えとなる情報を検索をすることで解決しようとしているからです。
多くのユーザが解決できる答えがWebサイト上にあることで検索順位も上がります。

キーワードを見る

多くのユーザが訪れるサイトにするには、ユーザが必要としている情報を提供する必要があります。
そのためには、キーワードを見る必要があります。
キーワードには、ユーザが実際に検索した情報が記載されており、それを見ることでユーザの疑問や悩みが理解できます。
例えば、「プログラミング 入門」で検索した場合「プログラミング入門についてのサイトが知りたい」という検索意図があるとわかります。
「プログラミング 入門 サイト/言語/子供」等が候補に上がったため、「プログラミング入門 子供」もあります。
ここで重要なのは、「キーワードから検索意図を理解すること」。

記事を読んでくれる人を考える

検索をする人が何を求めているのか?を考えないといけません。
記事を読んでくれる人のことを徹底的に考え抜いて、ユーザのための記事を書くと結果的にきっと日の目を見ることになるでしょう。