検索エンジン最適化(SEO)|ガイドブック

ブログ
スポンサーリンク

このガイドブックはGoogleの公式ガイドを元に短く分かりやすくまとめたものです。
参考になれば幸いです。

参考先URL

ガイドブックの対象となる方は、すでにブログを始めている方です。

Google検索を通じて検索順位をあげ、収益化や宣伝を行いたい方を対象としています。

Webサイトの最適化はユーザの疑問や悩みに応えるために行なうのが良いと思ってます。

検索エンジンはある意味ユーザであり、人間のユーザがコンテンツを見つける手助けをしています。

はじめに

知っておきたい用語の意味

  1. インデックス:
    Googleが認識した全てのページは【インデックス】に登録されます。【インデックスに登録される】とは、Googleがページを取得し、そのページを読み込んでインデックスに追加することを言います。
  2. クロール:
    新しいページや更新されたウェブページを検出するプロセスのことです。*ページを取得することです。Googleはリンクをたどる、サイトマップを読み込むなど、様々な方法でURLを検出し、インデックスに登録します。
  3. クローラ:
    「ページをクロール⇨インデックスに登録」。これを自動的に行うソフトウェアです。
  4. Googlebot:
    Googleクローラの一般的な名称です。Googlebotは常時ウェブをクロールしています。
  5. 検索エンジン最適化(SEO):
    サイトを検索エンジン向けに改善するプロセスのことです。

Googleにサイトが登録されているか確認する方法

自分のサイトがGoogleのインデックスに登録されているかどうか調べるには【site:】を独自ドメインURLの頭に入力して検索します。

結果に表示された場合、あなたのWebサイトはインデックスに登録されています。

例えば、【site:otoshimtoshi.com】を検索すると下記画面が表示されます。

Googleにサイトが登録されない原因

  1. サイトがウェブ上の他のサイトから十分にリンクされていない。
  2. 新しく立ち上げたばかりでGoogleがまだクロールできていない。
  3. デザイン上の問題により、Googleがコンテンツをクロールできない。
  4. クロール時にエラーが発生している。
  5. ポリシーによってGoogleによるサイトのクロールをブロックしている。

GoogleでWebサイトを表示するために

GoogleにWebサイトを送信する必要は本来はありません。

Googleは完全に自動化された検索エンジンです。

ですが、Googleにサイトが登録されない原因で書いたような原因によってクロールされないことがあります。

そのため手動で追加する機能がGoogleにはあります。

それが、【Google Search Console】です。

【Google Search Console】を使用する前に確認すべきポイント

  1. 所有するWebサイトがGoogleに表示できるか?
  2. ユーザに質の高いコンテンツを提供しているか?
  3. 所有するローカルビジネスがGoogleに表示されるか?
  4. Webサイトのコンテンツをどの端末からでも早く簡単にアクセスできるか?
  5. 所有するWebサイトは安全か?

Googleがコンテンツを見つけるためには

GoogleにWebサイトを表示するための第一歩は、GoogleがWebサイトを見つけることができるようにすることです。

最適な方法はサイトマップの送信です。

サイトマップとは、Webサイト上の新しいページや変更されたページ等を検索エンジンに認識させる、Webサイト上のファイルのことです。

Googleがコンテンツを理解できるように

最適なレンダリングとインデックス登録を行うためには、Webサイト上のJavaScript、CSS、画像ファイルへのアクセスをGooglebotに許可します。

サイトのrobots.txtファイルでクロールをブロックしている場合、コンテンツのレンダリングとインデックス登録を行うGooglebotを直接妨害することになり、結果、検索順位が最適化されない可能性があります。

固有の正確なタイトルを付ける

titleタグ(HTMLファイルのhead要素内に配置されているもの)はWebサイトで各ページ固有のタイトルである必要があります。
Primaryキーみたいなもんです。

タイトルとスニペットは検索結果に適したものにする時のポイント

おすすめの方法

  1. コンテンツについて正確に記述する
  2. 読みやすく、コンテンツの内容が伝わるタイトルを記述する

だめな方法

  1. コンテンツと関連性のないタイトルを付ける
  2. 「無題」、「ページ1」といった抽象的なタイトルを付ける
  3. Webサイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが望ましいです。
    Webサイト上の各ページの違いをGoogleが認識しやすくなります。

  4. 1つのタイトルを複数のページで使用する
  5. 極端に長いタイトルを使用する
  6. タイトルに不要なキーワードを詰め込む
  7. 簡潔でわかりやすいタイトルが望ましいです。
    タイトルが長すぎる場合や関連性が薄いと見なされた場合、Googleは検索結果にタイトルの一部や、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。

「description」メタタグを使用する

descriptionメタタグはGoogleや他の検索エンジンにページの要約を伝えます。

ページのタイトルが単語やフレーズといった数語であるのに対し、descriptionメタタグは2文程度の要約となります。

「description」メタタグを使用するメリット

descriptionメタタグはGoogleにWebページのスニペットとして使用される可能性があります。

ただし、ユーザの検索キーワードに適合しやすい場合は、Webページ上のテキストの関連部分が使用される場合があります。

つまり、descriptionメタタグは一種の保険です。スニペットを使用するのに適したテキストがない場合にdescriptionメタタグが使用されます。

おすすめの方法

  1. ページの内容を正確に要約する
  2. descriptionメタタグが検索結果のスニペットとして表示された場合は、ユーザが興味を持てるような要約にします。
    descriptionメタタグの文字数に制限はありませんが、検索結果で表示される長さで書くことを推奨します。
    スマホでは約50文字、パソコンでは120文字程度がおすすめです。

だめな方法

  1. Webページと関連性のないdescriptionメタタグを記述する
  2. 「Webページです」、「SEOについてのページ」といった一般的な説明を記述する
  3. キーワードを羅列する
  4. Webサイトのドキュメントの内容をそのままdescriptionメタタグに記述する
  5. Webサイトの複数のページに同様のdescriptionメタタグを記述する
  6. 同一ドメインで複数のページがユーザに表示される可能性のある検索でdescriptionメタタグは役に立ちます。

見出しを使用し見やすくする

複数の見出しを正しい順序で使用することで、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザがドキュメント内を移動しやすくなる利点があります。

おすすめの方法

  1. 概要を書く場合を想像する
  2. 長い文章の概要を書く場合と同様に、Webページ上のコンテンツの主要なポイントを考えそれに応じて見出しをどこに使用するかを決定します。

だめな方法

  1. コンテンツと関連がない見出しを記述する
  2. em、strongのような他のタグが適している場面で見出しを使用する
  3. 見出しが全体的に不規則
  4. 見出しタグを過度に使う
  5. 見出しに文章を書く
  6. 階層構造を整える目的で見出しを使用する

構造化データマークアップを確認するツール

構造化データテストツール

サイトの階層を適切にする

検索エンジンがどのようにURLを使用するか理解する

検索エンジンがコンテンツを「クロール」⇨「インデックスに登録」⇨「ユーザに表示する」

このような流れで処理するためには、コンテンツごとに固有のURLが必要となります。

[プロトコル]://[ホスト名]/[パス]/[ファイル名]?[クエリ文字列]#[フラグメント]
例:https://www.example.com/RunningShoes/Womens.htm?size=8#info

Googleでは、全てのWebサイトで「https://」を使用することを推奨しています。

しかし、「www」の有無。これは区別されます。

そのため、「http://」、「http://www.」、「https://」、「https://www.」の4つのバージョンを追加することを推奨しているようです。

「パンくずリスト」を使用する

赤枠部分です。

パンくずリストとは、Webページ上部or下部にある内部的な階層構造を表したリンク行です。ユーザはパンくずリストを使用し、前のルートページに戻ったりできます。

簡単なナビゲーションページを作成する

ナビゲーションページは、Webサイトの構造を表示する簡単なページで、通常は、サイト上のページの階層的なリストで構成されています。

ユーザはWebサイト上のページを見つけられない場合にこのページにアクセスします。

検索エンジンもこのページにアクセスし、サイト上のページのクロール範囲を広げます。

おすすめの方法

  1. わかりやすい階層を作成する
  2. 一般的なコンテンツ(例:カテゴリー)からそのサイトで求めている具体的なコンテンツ(例:カテゴリー内の記事)にユーザがたどりつけるようにします。

  3. ナビゲーションにテキストを使用する
  4. リンクの大部分をテキストリンクで制御すると、検索エンジンがそのサイトをクロールして理解しやすくなります。

  5. ユーザ向けにナビゲーションページを作成し、検索エンジン向けにサイトマップを作成する
  6. 検索エンジンがサイトの新しいページや更新されたページを検出できるように、XMLファイルを作成して、すべての関連URLのリストをまとめて掲載し、主要なコンテンツの更新日を記載します。

  7. 有益な404ページを表示する
  8. 無効なリンクをクリックしたり、誤ったURLを入力したりして、Webサイト上に存在しないページにアクセスすることがあります。ユーザをWebサイト上の正しいページに誘導するカスタム404ページを用意することで利便性を大幅に改善することができます。
    404ページにルートページに戻るリンクを表示したり、人気コンテンツへのリンクも掲載すると良いでしょう。

だめな方法

  1. Webサイト上の全てのページを他の全てのページとリンクする
  2. 「多」対「多」は複雑な関係となり避けるべきポイントです。

  3. コンテンツを過度に分割する
  4. 画像やアニメーションを過度に用いてナビゲーションを作成する
  5. ナビゲーションページ自体がスクリプト、プラグイン等の処理を必要とするページの作成
  6. 無効なリンクを削除する
  7. カテゴリー別などに整理せずに、単純なページリストのナビゲーションページの作成
  8. 404ページをインデックス登録させる
  9. robots.txtファイルを編集し404ページクロールをブロックする
  10. ファイルの編集によってではなく、サーバー側の設定で行いましょう。

  11. 「見つかりません」、「404」といった曖昧な言葉のみ表示すること
  12. サイトの他のページと一貫性のないデザインを404ページで使用する。

コンテンツの情報を伝えるわかりやすいURL

URLはGoogle検索でタイトルの下に表示されます。

複雑なURL(*階層構造が複雑なもの)でもGoogleはURL構造を適切にクロールできます。

ですが、URLは可能な限りシンプルなものにしてくとよいでしょう。

おすすめの方法

  1. URLで単語を使う
  2. シンプルなディレクトリ構造にする

だめな方法

  1. 不必要なパラメータ、IDを含む長いURL
  2. 「page1」といった一般的なURL
  3. 「baseball-cards-baseball-cards-baseballcards」といったキーワードの羅列

コンテンツの最適化

有益なコンテンツを書く

人を惹きつける有益なコンテンツを作成すればWebサイトに大きな影響を与える可能性があります。

ユーザはコンテンツが良いコンテンツだと感じると、他のユーザに知らせたいと思うものです。

そして、自然な口コミの評判は、ユーザとGoogleの両方のサイトの評判を高めるのに役立ちます。

読者が求めているものを把握して書く

おすすめの方法

  1. 読みやすい記述をする
  2. 記事の始まりと終わりを整理する
  3. 新鮮な独自のコンテンツを作成する
  4. 検索ではなくユーザに合わせてコンテンツを最適化する

だめな方法

  1. 綴りや文法の間違いが多い
  2. テキストを動画や画像に埋め込む
  3. 既存のコンテンツの複製
  4. 検索エンジン向けの不必要なキーワードを大量に詰め込む
  5. ユーザからテキストを隠し、検索エンジンには表示する。

画像に「alt」属性を使う

おすすめの方法

  1. 完結でわかりやすいファイル名とaltテキストを使用する
  2. 画像をリンクとして使用する場合はaltテキストを使用する

だめな方法

  1. 画像ファイル名を一般的なものにする
  2. 画像ファイルにキーワードを並べる
  3. サイトのナビゲーションとして画像リンクだけを用いる

SEOはあくまでも検索エンジン向けの考え方
本質はもっとシンプルでユーザにとって有益かどうか。
ユーザに有益な情報であれば自然と検索されます。
そのためコンテンツの中の小手先のテクニックにとらわれずに、自身を磨き上げよう。
自分に言ってます。頑張れ!自分……

コンテンツが命であり、血であり、Webサイトを構築する肉体である。