仕事を辞めたい⁉️やめればいいじゃないか。そんなあなたに選択肢を!

日記
スポンサーリンク

飲食を辞めたい!って考えている人のためにこの記事を書きます。
わたしも昔飲食で働いてました。13時から25時くらいまで働いていました。私はまだ良い方で、都心で働いている人はもっと絶望的状態だったと思います。

私は飲食勤務時代のほとんどの期間、お店の近くに住んでいたので終電とか気にせず毎日しっかり帰れていましたね。あなたは帰れていますか?

もし帰れていないなら人間的な生活がもうできていないですよね。
いやー分かりますよ。大変ですよね。

お店の閉店後、数十分で綺麗にして帰る準備して出ないといけないので。
無理ゲーです。無理ゲー。無理やり終わらせて帰ってましたけどね。
23時閉店ならまだ紳士的なお店ですね。私のところは24時閉店でした。

辞めれないあなたに選択肢を

あなたは今おいくつでしょうか?
わたしは25の時に飲食を辞めたいって思って色々転職サイトを調べて、転職サイトに登録して面接に何度も行って転職しました。

実際に転職したのは27の時です。
転職活動を飲食勤務をしながらだったので辛かったのを覚えています。
休みを調整して、面接の日取りを調整して、自分の履歴書、職務経歴書を書いて、面接の質問内容を予想して自分なりの答えを準備して……
めっちゃ大変です。
これもほぼ無理ゲーでしたが、なんとかやり遂げました。

登録していた転職サイトをとりあえず記載

以下に登録していた、転職サイトをとりあえず記載しておきます。
無料なので、どんな仕事が世の中にはあって、どんな求人があるのかといったことを知ることも大事だと思います。

飲食で働いているあなたは毎日が同じことの繰り返しで、日々作業のようにノルマをこなしていないですか?

毎日お客様の接客をして、はたまた、発注、在庫管理をして仕込みをしていないですか?

私はホール、キッチン両方をしていたのでどちらの気持ちもわかるつもりですが、ホールは精神的に辛くて、キッチンは体力的に辛いですよね。

余談ですが、学生時代も飲食でアルバイトをしていてその影響で飲食店正社員になりました。新卒で。
学生の頃、「キッチンは3Kだから」って料理長が言っていたのをすごく覚えています。
※くさい、きたない、きついの略です。
まさに的を得ていたなと今では思います。

こちらは私は男なので登録していなかったですが、女性専門の転職サイトなので自分が女性だったら登録しようと思ってました。

もしも異業種転職でエンジニアになりたいならこれ

私は転職先をIT企業にしようって後に決めたので色々探して以下に登録していました。
転職支援までしてくれるためこれに登録していてよかったな。と今では思います。

でもきつかったですよ!
転職支援を受けるためにはコースを受けて、実際に転職することでコースが無料になるためです。(現在はキャッシュバックに変わっているみたいです。)
わからづらいですね。

コース自体は有料です。でも、転職を実際にしてくれるならコース料金は無料(※キャッシュバック)にしますよってものです。
人材紹介料金が以下には転職先から支払われるのでしょう。私たちはそのお金を使って受講しているのです。
だから無料。実際に転職ができなければコース料金は払わないといけません。
少しだけリスクがあります。

紹介だけでかなり時間を使ってしまった!
これから私の体験談を踏まえて飲食を辞める方法を伝えていこうと思います。

あなたが辞めれないと思っていることはほとんどが間違い

いいですか。まず、辞めれないなんてことはありえません。労働者は辞める権利を持っています。そのためいつでも辞めることはできます。
※ただ会社規定で何ヶ月前には申請をする必要があるといったことが就業規則に記載されています。
もし見たことがなければ社内就業規則を一度みましょう。書いてあります。絶対に。それだけ守れば辞めることは誰でもできますよ。

それでも辞めれないって思うあなたは責任感のあるお人好しなんでしょう。わたしはそういう人のことが嫌いではないですが。
経営者側から見ればあなたは扱いやすいお人好しです。
辞めたいと思っているのならば今すぐ辞めるための行動を起こしましょう。

辞めたいことをまず伝える

おそらく今すぐに辞めたいって言っても「人がいない」とか「今はダメ」とかうやむやにされてまともに受け取ってくれないでしょう。
でもまずは、辞めたいってもし今思っているなら今すぐ上司に伝えましょう。

LINEでもいいです。メールでもいいです。直接でもいいです。
とにかく上司が「辞めたい!」って思っているあなたに気づいていないのであれば気づかせてあげてください。
まずはそこから。

人がいないからはもはや当たり前なんです

あなたを引き止める上司の謳い文句が「人がいないから」ならそれは当たり前なので問題ないですよ。
まぁ引き止めること自体おかしいのですが……
辞めたいって思っている人を引き止めてなんになるんだと。

人が足りないのはどこの業界もそうです。
多かれ少なかれ人は足りていないのが日本です。

それが最も顕著なのが飲食業界です。
まずはその認識をしてください。
だから人が足りていないなんてことはもはや当たり前で、気にすることはありません。
むしろ人が足りないことへの対応をするのは店舗ではなく、会社自体です。
まぁアルバイトに後輩を紹介してもらうといったことへの努力は必要だと思いますが。

社員に関しては別です。それは会社がやるべきことです。

任せられないから休めない?

入社したての若い頃はこんな考えを持ってました。
「任せられる人がいないから自分がやる仕事を前もって予想して明後日の納品分を発注しておく」といったことを休み前はやっていました。
でもね。無理ですよ。任せられる人を育てないと無理です。だから育ててください。
私は幸運にもアルバイト達に信頼され、私も信頼していたので自分の仕事をアルバイトたちに任せて他の店舗の新入社員の世話をしたり、人が足りない場所にヘルプにいったしていました。自分の店舗にむしろ月の半分しかいなかったです。相方のホール社員にはすこし怒られましたが。

「とりあえず3年」なんて言葉は古い

もしもあなたが新卒で飲食店に入社しているのであれば、もしかしたら「3年は続ける」なんてことを思っているかもしれませんね。
でもね、これ古いですよ。
3年同じ会社に続けなくても大丈夫。むしろ新卒なら半年で辞めて未経験で再就職なんてすぐできますよ。

この3年なんて言葉なんでできたんでしょうね?今考えると意味わからないですよね。
大学卒業して22才。3年続けて25才。そこから転職して25才から再スタート。まぁ大丈夫ですね。
遅くはないですが、再スタートしたいなら早いに越したことはないです。
別業界に転職するならなおさらです。

同じ業界の転職ならいつでも大丈夫です。
業界経験者なので転職もそこまで難しくないでしょう。
異業種転職は早くしないと無理になりますよ。

未経験でエンジニアに転職

ここからはわたしが転職した時のお話です。
わたしはエンジニアに転職したかったです。
だから以下に登録したわけですが、今思うとテックアカデミーがやっぱりよかったです。

自分の時は、テックアカデミーの転職支援サービスを利用して転職すればコース料金が無料ってものがあったのですが、今はキャッシュバックに変わっているみたいですね。
ここら辺は自分で調べていただいて、キャッシュバック額がコース料金よりも高いなら受講した方がいいですね。
転職できて、かつ、お小遣いももらえるなんて。

また、転職支援サービス一環で職務経歴書を作成もしてくれます。あくまでも受講したコースの内容のみです。自分の職歴に関しては自分で書きましょう。
これ少しだけ楽になります。助かりました。

転職サイトに登録したらわかる、情報過多


上記転職サイトに登録したらわかると思うのですが、情報が多いです。
その中から自分の行きたいと思う企業を選ぶのはなかなか難しいです。また、上位に表示される企業はおそらく広告費を多く出して掲載してもらっている大手企業なので、他と比較し狭き門です。業界未経験も歓迎といいつつ落とされます。
※すいません。これはわたしの場合です。わたしは10社くらいは落とされたと思います。もちろん通った会社もありますが、微妙で辞退しました。

転職支援サービスは楽、でも注意点

転職支援サービスは支援サービスと言いつつおそらく企業側から人材紹介料金をもらって企業に紹介しているため、必ずしも本当に良い企業とは言えません。
企業側からお金をもらって、その企業に人を紹介して入社することで料金が発生する仕組み。
ですが、支援サービス側でいくつか候補を紹介してくれてその中から選ぶことができるので情報過多の転職サイトよりはこのサービスを利用した方が良いと言えるでしょう。
あくまで、今ご紹介できる企業の中でどれが良いですか?スタンスです。
そのため、企業選定をする暇がない人はこれらサービスを利用した方が良いです。

最後にこれだけは言いたい

わたしは飲食店で働いていたことを後悔はしていません。むしろ良かったとすら思っています。
若い時は「飲食で働く人の地位向上!」を目指して入社したくらいですから。
でも、働いてずっとここで働き続けることはできないと感じて転職をしました。(※道楽で、40代後半くらいには地方でカフェ&バーでもやるのが夢です。)
でも、異業種転職って難しくて。
飲食から転職する多くの方々、難しいと思います。
働きながら転職活動するなら本当に大変だと思います。
でも、人間的な生活がしたくて転職したいと考えているなら転職を諦めずに就職成功できるまで続けてください。
頑張ってください。応援しています。