「PageSpeed Insights」のスコア改善レポート|Googleのスピード測定ツール

IT

GoogleのPageSpeed Insights(以下、PSI)の仕様が変更になりました。分析エンジンが「Lighthouse」を使用しているように変わったのです。
ようやく改善できたのでレポートとして記事にします。

まとめページは以下からどうぞ↓
PageSpeed Insightsスコア改善体験談

スポンサーリンク

PageSpeed Insightsレポート

以前のPageSpeed Insightsレポート

以前のPSIレポートではこんな感じで表示されていました。
分析エンジンが変わったことによりレポートのレイアウトから大切にしている指標も新たに更新されました。

今回のPageSpeed Insightsレポート(対応前)

今回のPSIレポートではこんな感じで表示されていました。
PSIの大切にしている指標も新たに更新されたため当サイトも影響を受けました。
パソコン版はよかったのですが、モバイル版はかなり影響を受けてしまいました。

今回のPageSpeed Insightsレポート(対応後)

改善後のPSIレポートになります。パソコン版のスコアは変わらずですが、モバイル版はかなり改善されました。Google Adsenseやアナリティクスを使用している場合は高得点を取るのはなかなかに難しそうです。

スコア向上のためにしたこと

プラグイン「EWWW Image Optimizer」の導入。
普段は画像圧縮のプラグイン(Compress JPEG & PNG images)を使用しているのですが、今回の分析エンジンの変更に伴い、JPEG、PNGといった画像ではスコアが下がります。そのため、ウィッピー(webp)という拡張子の画像に変換します。この辺りはまた別記事でご紹介しようと思います。