Atomエディタの使い方|Macに入れてちゃちゃっと日本語化しよう

IT
スポンサーリンク

Atomとは、Githubが開発したオープンソースのテキストエディタです。
Githubはマイクロソフトが買収したので現在はマイクロソフトが開発したテキストエディタとも言えそう。
同世代のテキストエディタとしてBrackets・Sublime Text等とよく比べられます。

ここでは、Atomのインストール方法から日本語化、そして簡単な使い方について紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Atomとはなんぞや


Atomとは、Githubが開発したオープンソースのテキストエディタです。

wikiより引用
GitHubの共同創業者であるクリス・ワンストラスによって2008年に開始されたプロジェクトだが、同社のビジネスが成功したことでワンストラスが多忙となり開発が一時停止していた。その後、2011年から開発が再開され、2014年2月26日に招待制のベータバージョンとしてまずMac OS X向けがリリースされた。同年5月6日、MIT Licenseのもとでソースコードを公開。2015年6月26日にバージョン1.0がリリースされた。その後も、多数のコミッタの参加により、急激に高機能化、動作負荷削減を果たしながらシェアを増加させてきた。現在では、Webフロントエンドを扱う技術者を中心に人気となっている。

原文はこちらからどうぞ

Atomのインストール

Atomのインストーラは公式サイトから入手できます。MacOS向けに開発されましたが、現在では、Windowsにも対応しています。そのため普段からAtomを使うことができますね。さっそく、ダウンロードしましょう。

公式サイトからダウンロードページに飛んでボタンを押します。zipファイルでダウンロードされるのでダブルクリックをしてファイルを展開しましょう。
これでもうダウンロード、インストールは完了です。

Atomを日本語化しよう

Atomは英語表記がデフォルトです。

  1. 英語表記を日本語に変えてみましょう。
  2. 「Atom」⇨「Preferences」と進みます。
  3. すると、「settings」タブが表示されます。

  4. 「Install」を押すと上のような画面になります。
  5. 「Search packages」に「Japanese」と入力してみてください。
    「Japanese-menu」というパッケージが表示されるので「Install」を押します。

  6. インストールが完了すると自動的に日本語表記になります。
  7. インストールされたパッケージは、「パッケージ」で確認できます。

これで日本語化は完了です。
お疲れ様でした。
様々なパッケージが公開されているので自分仕様に最適化しちゃいましょう!!