「PageSpeed Insights」のスコアがLighthouseで分析されるようになって大変|Googleのスピード測定ツール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleが提供するパフォーマンス測定ツール「PageSpeed Insights」が分析エンジンに「Lighthouse」を使用するようになっていました。(2018年11月14日 公式ブログにて公表)

以前はまぁまぁこんな感じかなと思っていた当ブログも影響を受けました。
以前のPageSpeed Insights結果

今回のPageSpeed Insights結果

パソコンでの表示はいいんです。99点なんで。これ以上は無理でしょ。
問題はモバイル端末のスコアです。
検索のほとんどはモバイルなので、このスコアが低いことは見過ごせません。

対策しましょう。
そうしましょう。

スポンサーリンク

今回のPSIの指標となるものは?

分析エンジンが変われば当然大切にしている指標が異なります。
今回、Lighthouseの指標は以下のようです。
1.コンテンツの初回ペイント (First Contentful Paint)
2.速度インデックス (Speed Index)
3.インタラクティブになるまでの時間 (Time to Interactive)
4.意味のあるコンテンツの初回ペイント (First Meaningful Paint)
5.CPU の初回アイドル (First CPU Idle)
6.入力の推定待ち時間 (Estimated Input Latency)

Lighthouseが大切にしている指標がわかったところで、次はそれぞれが何を指しているのか分析しましょう。

コンテンツの初回ペイント(First Contentful Paint)

コンテンツの初回ペイントとは、簡単に言うとテキストまたは画像が初めてペイントされるまでにかかった時間です。

速度インデックス(Speed Index)

速度インデックスとは、ページのコンテンツが取り込まれて表示される速さを表します。

インタラクティブになるまでの時間(Time to Interactive)

ページが完全にインタラクティブになるまでの時間です。

意味のあるコンテンツの初回ペイント(First Meaningful Paint)

意味のあるコンテンツの初回ペイントとは、ページの主要なコンテンツが可視化されるまでにかかった時間です。

CPU の初回アイドル (First CPU Idle)

CPU の初回アイドルとは、ページのメインスレッド処理が静止し、初めて入力の処理が可能になるまでにかかった時間です。

入力の推定待ち時間(Estimated Input Latency)

上のスコアは、ページ読み込みの最もビジーな 5 秒間における、ユーザーの入力に対するアプリの応答時間(ミリ秒)です。待ち時間が 50 ミリ秒より長い場合、アプリの反応が悪いと思われる可能性があります。

サイトの改善が出来次第レポートを提供したいと思います。

スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
『ベーシックインカムでセミリタイア!』を目指す20代のブログ