macOS Mojavaはもう使った?スタック機能が便利で、ダークモードがかっこいいです。

IT
スポンサーリンク

MacOS Mojavaを使い始めましたか?この新OSでは日常的に使用できる機能が追加されたので使用することをおすすめします。
以下で今回導入された新機能について紹介していきます。

スポンサーリンク

ダークモードを設定しよう




macOS Mojavaでダークモードが搭載されました。
「システム環境設定」から「一般」を選択すると下記画面が表示できます。
あとは、ライトを選択すると従来の画面が表示できます。
ダークを選択すると今回導入された暗く落ち着いた色になります。

ライト

ダーク

また、Mac標準のアプリもダークの設定によって色が変わります。メモ帳とか、カレンダーとかですね。

デスクトップが時刻を刻む

ダイナミックデスクトップという機能も導入されました。
お昼は砂漠が明るく表示され、夜間は砂漠が暗く表示されます。また時間経過につれ、砂漠の影が移動しているのがわかるはずです。正午は影がなくなります。太陽が真上にくるからでしょう。


昼間画像

夜間画像

スタック機能が便利

これが今回重要なポイント。
知ると知らないでは格段に差が出ると思います。
デスクトップ上のファイルやディレクトリを種類・作成日時といった分類で分けることができる。
デスクトップがごちゃごちゃしている方は必見です。
自分の場合は、ブログに使うスクリーンショット画像が沢山になってたのですが、この機能のおかげですっきりしました。

デスクトップで右クリックすると、スタックを使用するというのが増えているはずです。
これを使用すると、デスクトップ上のファイルが自動で仕分けされます。

Finder:ギャラリー表示


これは、ファイルを開くことをせずとも、ファイルの内容が確認できる機能です。使い方は簡単で、Finderで画像上部のアイコンをクリックするだけです。
これでギャラリー表示ができます。ファイル名だけでは何がなんだかわからなくなりますが、ギャラリー表示を使用すればファイルを開いたりするリソースを使用することなくファイルの中身を確認できるので少しだけ効率がよくなります。

そのほか新規機能

・クイックアクション
・完全なメタデータ
・スクリーンショットにshift+5が追加
・携帯で撮影した写真がその場で共有、操作できる。

IT
スポンサーリンク
『ベーシックインカムでセミリタイア!』を目指す20代のブログ