JDK10をインストールする手順|Windows版

IT
スポンサーリンク

WindowsでJDK10(Oracle Java SE Development Kit 10)をインストールする手順について紹介します。

スポンサーリンク

Oracle JDK10 インストーラのダウンロード

では、OracleのホームページからJDK10をダウンロードしましょう。Oracleの公式ダウンロードページにアクセスし、JDKのダウンロードボタンをクリックします。

次の画面では、Accept Licence Agreement(利用規約に同意するかどうか)にチェックを入れて、Windows x64のjdk-10.0.1_windows-x64_bin.exeのリンクをクリックすると、インストーラがダウンロードできます。

Oracle JDK10 のインストール

ダウンロードしたjdk-10.0.1_windows-x64_bin.exeをダブルクリックして起動すると次のようなウィンドウが開きます。

ウィンドウ中央のアイコンをダブルクリックすると、インストーラーが起動します。

「次へ」をクリックし次の画面に進みます。

インストールするオプションの選択画面が表示されます。特に変更する必要はありませんので、そのまま「次へ」をクリックします。

インストールが開始されますので、インストールの処理が終わるまでしばらく待ちます。
インストールの途中で下図のような画面が表示する場合があります。

その場合も特に変更することはありませんので「次へ」をクリックします。

インストールが開始されます。

全てのインストールが完了すると下図のようにインストール完了を表す画面が表示されます。

これでJDKのインストールは完了です。

環境変数の設定

Windowsの環境変数の設定も念のために行いましょう。
Javaのインストール先ディレクトリを表す環境変数JAVA_HOMEを追加します。

環境変数設定方法
「コントロールパネル」→「システム」→「システムの詳細設定」→「環境変数」
ユーザ環境変数にJAVA_HOMEが無いと思いますので、新規で作成します。
変数名はJAVA_HOME。
値はJavaのインストール先ディレクトリ(C:¥ProgramFiles¥java¥jdk10.0.1)になります。

以上で環境変数の設定も完了です。

IT
スポンサーリンク
『ベーシックインカムでセミリタイア!』を目指す20代のブログ